終助詞の一覧表 サムネ

終助詞(しゅうじょし)の一覧表【日本語】

 こんにちは。この記事では、助詞の一類、しゅうじょの一覧表を、それぞれ種類別に、働き・使用箇所・例文でご紹介していきます。ちなみに、終助詞とは、種々の語に付き、文の終わりにあってその文を完結させて、希望・疑問・禁止・命令…などの意を添える助詞の1類のことです。詳しくは、「終助詞とは」をご覧ください。

 それでは、終助詞の一覧表です。

※右側にスライドなれます。
終助詞の
種類
働き 例文

自他に質問・疑問・察知・反語・難詰・勧誘・驚き・感動などの意を添える

これ全部食べていいの
かい 相手に親しみ+疑問・反問・確認・推進の意を添える。 もう勝負に勝ったのかい
かな 相手に警告・心配・願望の疑問の意を添える。また、自分に疑問・意志の確認をする意を添える。 手を握っていいかな?不安なんだ。
が(がな) 相手にえんに意見。また、軽侮・罵倒・感動・願望の意を添える。 いや、嬉しいやろ
自他に禁止・独言・詠嘆・願望などの意を添える。※地域別で「ね=な」と同意。 うぉぉああ!そん!!
相手に同意・質問・感動・詠嘆・強調。また、動詞・動詞型活用語の未然形「な…そ」に付いてあつらえ望む意を添える。 メダカ死んじゃった
とも 相手に強い肯定の意を添える。 ああ悲しいとも
かも 感動+疑問の意や感動・詠嘆の意を添える。 美味しくできたかも
もが(もがな) 自他に上の事柄の存在・実現を願う意を添える。 言わずもがな、わかってくれ。お前何度目だよ。
自他に疑問・質問・警告・強い命令・弱い断定・詠嘆・感動の意を添える。※多く女性が使用する。 あなたが私の夫を殺した
自他にかいちょく・強調・判断・注意の意を添える。 あの綺麗な虹はなん
自他に強調・脅迫・親しみ+注意・蔑視+注意の意を添える。 このベットは最高だ
自他に納得・推進・疑問・諦観の意を添える。 怖い、怖い。もう..いい。死んでもいい。
相手に伝達・注意・忠告・勧誘・強調。また、「な」に付いて願望・依頼・禁止の意を添える。 鳩がいきなり僕の頭に止まったんだ
明言・きつい質問・達観の反問・注意・反駁・難詰の意を添える。なお、多くは「とさ」「ってさ」の形で説明・紹介する意を添える。 あいつは粘着野郎
す(っす) 敬意の意を添える。 助かったっす。
のに 詰問・不平・不満・恨み・非難などの意を添える。 5日かけて作ったのに、お前が破壊したの?
やら 不安+想像の意を添える。 果たして私の残高はどうなっているのやら。ハハハ。
ものか(もんか・もん) 強い否定・明言した否定の意を添える。 俺たちが負けるものか
強調・軽い決意・主張・驚き・感動・詠嘆の意を添える。※多くは女性が口語で使用。 もしバレたら今までの苦労が水の泡だ
かしら 温和+不審と疑問・願望・依頼の意を添える。※多くは女性が口語で使用。 なにかしら、なにかしら!?
かし 警告・同意を望む意を添える。 頼む!目を開けてくれよかし
って 伝達・反問・主張の意を添える。 さっきから、うるさいって
ってば 復唱・焦燥+招集の意を添える。 わかったってば。ほら、ミスしたぁ。
※そ 自他に禁止・制止の意を添える。※古語。 何事があっても眠らな
※ばや 願望・意志の意を添える。また、多くは「あらばや」の形で強い打消しの意を添える。※古語 動いたらばや、成功なり。
※しか 願望の意を添える。「てしか」「にしか」の形で用いられる。※古語 もう泣かぬしか、思う。
※なむ あつらえ望む意を添える。※古語 あなたと永遠、それで動かなむ

現代語では、「か・かい・な・とも・の・ぞ・ぜ・や・よ・ね・さ・のに・やら・が・ものか(もんか)・わ・かしら・って・ってば」などの種類。古語では「か・かな・が(がな)・ばや・しか・かも・もが(もがな)・かし・な・そ・なむ」などの種類があります。

以上、終助詞の一覧表でした。表でまとまっていて、終助詞の働きも書いてあります。最後までご覧いただきありがとうございました!