準体助詞の一覧表 サムネ

準体助詞(じゅんたいじょし)の一覧表【日本語】

準体助詞の一覧表 サムネ

ここでは、助詞の一類「準体助詞(じゅんたいじょし)」の一覧表を、それぞれ種類別に、働き・使用箇所・例文でご紹介していきます。ちなみに、助詞とは、単語に接続して自立語同士の関係・対象を表す、活用しない日本語の品詞の一つです。詳細は「助詞とは」をご覧ください。

加えて、準体助詞とは、連用語を除いた種々の語に接続して、その付いた語句を全体として体言と同じ働きを持つ意味を添え、切れ続きの機能を持たない助詞の1類のことです。詳しくは、「準体助詞とは」をご覧ください。

  準体助詞の種類 働き 使用箇所 例文
1 下の名詞を表現せず、この助詞が名詞の役割を成す。 体言や活用語に接続する。 これ全部僕!?
2 から 下の名詞を表現せず、この助詞が名詞の役割を成す。 体言や活用語に接続する。 限界を超えてからがあいつの見どころだ。
3 下の名詞を表現せず、この助詞が名詞の役割を成す。 体言や活用語に接続する。 それっていつの話?
4 ほど 下の名詞を表現せず、この助詞が名詞の役割を成す。 体言や活用語に接続する。 あれほどが良いだろう..!見られた。
5 ばかり 下の名詞を表現せず、この助詞が名詞の役割を成す。 体言や活用語に接続する。 ばかりは取り戻せないんだ。
6 だけ 下の名詞を表現せず、この助詞が名詞の役割を成す。 体言や活用語に接続する。 あいつだけがいつも嫌がらせをしてくるんだ。
7 下の名詞を表現せず、この助詞が名詞の役割を成す。 体言や活用語に接続する。 この歌はある人のいはく、大伴のくろぬしなり「引用:古今・雑上・左注」

以上、準体助詞の一覧表でした。準体助詞の種類は何種類だったでしょうか?

準体助詞の種類は7種類あります。最後までご覧いただきありがとうございました!