接続語

接続語とは?文と文の関係性を表す文の成分【国語】

接続語

 こんにちは。この記事では、国語の「接続語とはなにか」を解説していきます。

 接続語とはなにかをご存知になると、国語の理解や説明が理解しやすくなられるでしょう。

 それでは、接続語とはなにかを解説していきます。

接続語とは文と文の関係性を表す文の成分

接続語

 国語について理解をするとき、ある文章を機能別に分けて考えると文章が理解しやすくなります。例えば、「桃太郎は桃から生まれた。」という文章の場合、「桃太郎は」と「桃から生まれた」を分けて考えると文章が示す全体像を把握しやすくなります。そのため、このような方法はとても便利です。

 しかし、このような方法だと自分の頭の中の処理だけで終わってしまい、人にこの文章をわけて考える方法を伝えることができません。そこで、用意された概念と名前が文の成分です。文の成分は、主語、述語、目的語、接続語、同格語、補語、付加語、修飾語、独立語などの機能的分類をされた種類があります。

 接続詞についてご存知のかたは、もうすでにお気づきかもしれません。つまり、接続語とは、接続詞的な働きをしている文の成分をいいます。より具体的にいえば、接続語とは文と文の関係性を表す文の成分です。ようするに、接続語の使い方は、自分以外のだれかにその概念を伝えたり利用したりするときです。ですので、接続語については、そういった使い方をする言葉なんだとご理解なさりましょう。ちなみに、接続語と接続詞の違いをお知りになりたいかたは「接続語と接続詞の違い」をご覧ください。

 以上で接続語とはなにかの解説は終了です。

 今回は、国語の「接続語とはなにか」を解説していきました。国語の接続語とはどんな意味だったでしょうか?

 おさらいをすると、接続語とは、文と文の関係性を表す文の成分のことです。最後までご覧頂きありがとうございました!