接続詞とは?文と文の関係性を表す品詞【日本語・国語】

こんにちは、Awaisoraの管理人です。

今回は、接続詞とは何か、問題や使い方、例を用いて解説していきたいと思います。この記事が、接続詞で悩んでいる方の参考になれれば幸いです。

接続詞とは?

接続詞(せつぞくし)は、前後の文や語句、節をつないだり、関係性を示す日本語の品詞の1つです。活用のない体言で、単独で接続語になる自立語です。例えば、「それで」「しかし」「それから」などが接続詞に当たります。他にも、付属語(前の動詞などに接続する)である接続助詞(から、と、や、て、ば、等)とは区別されたりと、複雑な品詞でもあります。ちなみに、接続詞は、かつて大和言葉で「つなぎことば」と呼ばれていました。

以下では、接続詞の理解を深める目的で問題を2問用意したので、一緒に接続詞を学習していきましょう。

接続詞の問題:2問

最初の問題です。接続詞の入った文を下に記すので、接続詞を探してみましょう。

川から大きな桃が流れて来た。そこで、桃を止めようとしたが、止められなかった。

どの部分が接続詞なのか、お気付きになりましたか?

実は、この文章の「そこで」と「が」が、接続詞にあたります。

川から大きな桃が流れて来た。そこで、桃を止めようとした、止められなかった。

次の問題です。下に記す文章の「かっこ( )」の中に、適切な接続詞を入れましょう。

えんぴつは、使うと無くなる。( )、買わなくてはならない。

入れましたか?実は、この(    )の中にいくつかの接続詞を入れることができます。例えば、「だから」の場合は、「えんぴつは、使うと無くなる。( だから )、買わなくてはならない。」となります。これは、日本語として不自然ではありませんね。

他にも、「なので」でも、前後の文や語句の関係性はわかります。例:「えんぴつは、使うと無くなる。( なので )、買わなくてはならない。」。また、「となると」でも成立します。例:「えんぴつは、使うと無くなる。( となると )、買わなくてはならない。」このように、接続詞は、同じ文面でも同じように使える種類が多く存在しています。

合わせて読みたい

接続詞の種類一覧

接続詞の例文

接続詞には、順接(なので、だから、したがって、等)や逆接(しかし、ですが、でも、等)などの種類があります。以下では、この順接と逆接を使った、接続詞の例文をご紹介していきます。

順接

  • 私は手を石鹸で洗った。だから、私の手はピカピカだ。
  • 僕はグラウンドを一周全力疾走した。なので、息は切れ切れだ。
  • 小石を蹴った。すると、遠くに飛んでいった。

逆接

  • テストの前日、徹夜で勉強をした。しかし、点数は悪かった。
  • 絶対に上手くいくと思っていた。だけど、失敗した。
  • 小学生の頃、勉強を頑張らなかった。でも、中学の勉強に付いていけてる

接続詞の特徴は、文の先頭や、句読点のあとに使われることです。これは、前述した通り、接続詞が前後の文と語句をつないだり、関係性を示すために使われるためです。

接続詞の使い方

接続詞の注意点は、文章中に接続詞を使いすぎてしまうことです。論理的な文章では、使いすぎてもあまり問題ありません。例えば、論文など。ですが、一般的な文章では、接続詞を使いすぎることで、文章を読みやすくする役目を持っている接続詞が、かえって文章のつながりや読むリズム、読後感を悪くすることがあります。例えば、ブログやSNS、殊に話し言葉など。

ですので、以下では、文章のつながりや読むリズム、読後感を良くすることを意識して、接続詞の使い方の悪い例と良い例をご紹介していきます。

接続詞を使った悪い例文と良い例文

接続詞は、文章の中でカットされるケースが多くあります。というのは、接続詞がなくても意味の通じる文章が多いためです。ただし、逆接の場合(しかし、ですが、等)は、削ると前後の関係性がいまいち分かりづらくなり、読者の読むリズムが遅くなったり、意味が通じなくなってしまうため、そのまま残すことが多いです。

以下では、接続詞のカットされていない例文と、適当にカットされている例文で、文章の読みやすさや読むリズム、読後感の違いを見ていきましょう。

接続詞のカットされていない例文

ある日の夕暮れとき、少年は、トンボを必死で追いかけていた。なぜなら、少年は、トンボを捕まえようとしていたからだ。しかし、トンボは、スピードがあるため少年の足では、追い付けない。そこで、少年は、どうすればトンボを捕まえられるのか考えた。そして、少年は、思い付いたのだ。トンボは、追いかけると逃げるから、止まっていれば、逃げないと。だから、トンボが近付いてくるのを待った。だけど、トンボは、近付いてこない。そうしている内に、もう夜になってしまいそうだ。なので、今日は、諦めて家に帰ることにした。すると、家の前で父ちゃんがトンボを捕まえていた。

接続詞が適当にカットされている例文

ある日の夕暮れとき、少年は、トンボを必死で追いかけていた。少年は、トンボを捕まえようとしていたからだ。しかし、トンボは、スピードがあるため少年の足では、追い付けない。少年は、どうすればトンボを捕まえられるのか考えた。そして、少年は、思い付いたのだ。トンボは、追いかけると逃げるから、止まっていれば、逃げないと。だから、トンボが近付いてくるのを待った。だけど、トンボは、近付いてこない。そうしている内に、もう夜になってしまいそうだ。今日は、諦めて家に帰ることにした。すると、家の前で父ちゃんがトンボを捕まえていた。

前後を比べると、接続詞をカットしていない例文は、前後の文や語句の関係性がわかるものの、リズムが悪く読みづらいですよね。対して、接続詞を適当にカットしている例文は、接続詞をカットしているものの、前後の関係性や意味もわかり、そして、読みやすさが抜群です。なので、接続詞は、前後の文や語句の関係性を示すのに大事な品詞ですが、多用には注意しましょう。

接続詞と接続語の違い

接続詞には、似ている言葉に「接続語」という言葉があります。実は、この違いがわからないという方も、多いのではないでしょうか?この2つの大きな違いは、接続詞は「品詞」(動詞、形容詞、名詞)で、接続語は「文の成分」(主語、述語、修飾語)だというところです。他にも、接続詞は、単独で接続語になりますが、接続語は、接続助詞を伴って接続の役割を果たす文節という違いがあります。

接続助詞とは

接続助詞は、助詞から派生する種類の1つです。例えば、「ば、から、ても、けれど、と、ので、て、が、ながら」などが接続助詞です。これを体言や用言の後ろに接続すると、接続語になります。さて、以下のどの箇所が、接続助詞でしょうか?

問:種を植えると、芽が出るものもあれば、芽が出ないものもある

どの箇所が接続助詞かわかりましたか?実は、以上の「と」と「あれば」の部分が接続助詞です。

答:種を植える、芽が出るものもあれ、芽が出ないものもある

そして、接続語は、接続助詞を体言や用言の後ろに接続した言葉なので、以下の部分です。

種を植えると、芽が出るものもあれば、芽が出ないものもある

接続語のポイントは、「すると、ですが」などの接続詞でなくても、体言や用言の後ろに接続助詞を接続することで、接続語になることです。

接続語の例

接続語の例を4つご紹介します。

  1. 遊んだから(動詞+接続助詞)、疲れた。
  2. 機械だから(名詞+接続助詞)、壊れにくい。
  3. 儚いから(形容詞+接続助詞)、美しい。
  4. 一番だから、(形容動詞+接続助詞)好き。

接続詞に敬語はある?

この記事の読者の中には、「接続詞には、敬語としての使いわけがあるのか?」という疑問があるという方もいらっしゃる思います。が、接続詞の敬語は、特にありません。ただ、注意点はあります。それは、手紙やビジネス文章などの、丁寧な言葉を書く際に使用する接続詞の種類です。以下のような接続詞は、丁寧な書面や文面で使用することを、なるべく避けた方がいいです。

「でも、そのくせ、なので、ので、だから、だって」

あなたが、もし、ビジネス文書で上記のような接続詞を使われたら、一瞬ビックリしてしまうと思いませんか?ビジネス文書は、相手をビックリさせるために送るものではありませんので、丁寧な言葉使いが求められる場面では、以上のような接続詞を使用することを控えましょう。

以上、接続詞とはでした。接続詞は、学ぶだけで大きく文章力を上げてくれます。なので、文章力を上げたいと思っている方は、特に接続詞の学習がおすすめです。最後までお読み頂きありがとうございました!