【日本語】接続詞一覧・種類や例文【おお、ビックリ箱】

こんにちは、Awaisoraです。ここでは、接続詞の種類と例文を一覧でご紹介していきます。なお、接続助詞や接続的副詞といった別の品詞も含まれますのでご注意ください。なお、接続詞とは、単語または文の頭に接続して、文と文や語と語などの繋がりの関係性を示す品詞の一類です。詳細は、「接続詞とは」をご覧下さい。

接続詞一覧【種類別】

種類働き例文相当する語
順接前の文脈の当然の結果として、後の文脈を導く。りんごが落ちた。だから、りんごは地球に引っ張られている。だから/そのため/このため/それで/そこで/よって/すると/だとすると/ゆえに/それゆえに/したがって/それなら/それでは/ならば/だとしたら/そうすると/そうしたら/さもないと/そうしないと/そうでないなら/だとすれば/そうなると/となると/となれば/そうしてみると/そうなれば
逆接前の文脈と相反する事柄として、後の文脈を導く。ブーメランを投げた。しかし、返ってこなかった。しかし/けど/ただ/だが/が/しかしながら/けれど/けれども/だけど/ だけども/そうではあるが/それでも/でも/それでも/ではあるが/にもかかわらず/それにもかかわらず/ところが/ですが/ものの/しかるに/とはいうものの/のに/なのに/それなのに/とはいえ/そうはいうものの/でも/そのくせ
並列(並立)対等の関係にあることを示す。遠足は12日。および、13日に行います。および/かつ/それから/ならびに/同じく/また
添加(累加・付加)別の物事を付け加える。財布を無くした。さらに、バッグも無くした。さらに/また/しかも/おまけに/そのうえ/そして/それから/それどころか/どころか/それに/それにしても/加えて/それに加えて/ひいては/なお/そればかりでなく/ともあれ/そればかりか
対比相違点や共通点を比べる。地球は青かった。一方、宇宙は真っ黒だ。一方/他方/逆に/それに対して/対して/反対に/反面/その反面
選択対立点の中からいずれかを選ぶ。明日。または、今日にするか。または/もしくは/あるいは/ないしは/それとも
/他には/他にも
列挙順序をつけて示す。第一に起立、第二に気を付け、第三に礼、第四に着席。第一に、第二に、第三に、…(無限)/一つ目は、二つ目は、三つ目は、…(無限)/一点目は、二点目は、三点目は、…(無限)/はじめに・最初に、続いて/次いで、最後に(終わりに)/その後/まず、次に、さらに・そして
説明理由・根拠を明らかにする。オオカミはよだれを垂らした。なぜなら、赤ずきんが旨そうだったからだ。なぜなら/なぜならば/なぜかというと/というのは/というのも/だって/なにしろ/なにせ
補足不十分を補う。または、例外を示す。桃が川から流れてきた。ちなみに、桃は見送った。ちなみに/ただ/もっとも/そのかわり/ただし/そもそも/なお/じつは/実のところ/実は言うと
換言(言換)前の文脈を言い換える。鉛筆は文字を書ける。つまり、筆記用具だ。つまり/言い換えると/すなわち/要は/要するに/むしろ/換言すると/かえって/かわりに/そのかわり/いわば/言ってみれば/と言うより/というか/そうではなく
例示例を示し理解を助ける。アリが好きだ。具体的には、アリの観察が好きだ。具体的には/たとえば/とりわけ/なかでも/殊に/いってみれば/いわば/特に
教示物事を実現させるためのノルマを示す。あの子に想いを伝えたい。それには、勇気が必要だ。それには/そのためには/実現するには/そうする場合
変転目標達成後の動作・作用・状態などを見通して述べる(教示の倒置)。明日宿題を忘れる。それで、今日はやらずに済む。それで/そうすれば/それによって/そうすることで
転換話題を変える。今日は晴れてて気持ちのいい天気ですね。さて、今日のニュースです。さて/ところで/次に/ときに/それはさておき/では/それでは/じゃあ/ともあれ/それはそうと/そういえば/それにしても
注目前の事柄の中からとりあげ注目する。みんな綺麗だけど、特に青色が綺麗。特に/とりわけ/なかでも
結論これまでの話題を締め括る。A「笑顔にはこんな効果があります。」B「いやいやいや嘘をつくな。本当の効果はこっちだぞ。」A「失礼すね。嘘はついていません。」C「お二方、落ち着いて下さい。どの道、笑顔には良い効果があるということですよね」どの道/どっち道/このように/こうして/いずれにしろ/結局/以上/とにかく/かくして/いずれにせよ/いずれにしても/どちらにせよ/どっちにしても/どっちにせよ

接続的副詞一覧【種類別】

種類働き例文相当する語
仮定仮を定めてその場合に起こることを考察する。もし、俺がいなかったら、お前が1位だったな。もし/仮に/たとえ/よしんば/ば/たら/なら/とすると/とすれば/しからば/かぎりは/に拘わらず/といえども/ことには/ては/してみると/してみれば/してみたら/くせに/のに/まさか/よもや/ひょっとすると/それであれば/それでなければ/しては/しようものなら/しようことなら  
空間空間上の位置を示す。メガネならにあるじゃん!前/前方/手前/後ろ/後方/隣/続いて/接して/奥/向こう/彼方/あちら/こちら/上/上部/上側/下/下部/下側/左/左側/右/右側/周り/周囲/周辺/あたり 
時間(歴史)事柄の時間と歴史を示す。まもなく、終業のチャイムだ。まもなく/やがて/それから/そうすると/そうしたら/すると/とたんに/瞬間/続いて/引き続き/受けて/前/後/同時/様/とき/と/やいなや/そばから/かと思うと/が早いか/かと思えば/かと思う間もなく/かとみれば/ままで/したとたん/して 

以上が、日本語の接続詞一覧・種類や例文のご紹介でした。これだけあると、文章を書いている人は嬉しくなってしまいますよね。最後までご覧いただきありがとうございました!

合わせて読みたい

PREP法とは?

SDS法とは?